phpとか

自分用備忘録なので、自分が分かる程度にしか書いてません。

php5.6インストール方法

1.今の設定ファイルをローカルに保存

下記以外にも残したい設定ファイルあればそれも(ssl関連とか)

※.bakとかつけて置いとくと、yum remove phpができないので、ローカルに落とす

yum.confとかでphp除外設定してたら、外してください

2.remi取得 & 追加

php5.6をremiから落とすので、リポジトリ追加します。

wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm
rpm -ivh remi-release-6.rpm

2.epel取得 & 追加

wget http://ftp-srv2.kddilabs.jp/Linux/distributions/fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
rpm -ivh epel-release-6-8.noarch.rpm

3.落とせるバージョン調べる

※下記で5.6がでない場合、enablerepoにremi-php56追加してみる

yum --enablerepo=epel,remi info php

4.上記コマンド打って、php5.6が表示されたら、今のバージョンを削除

yum remove php*

5.php5.6インストール

yum install php php-common php-mysqlnd php-mbstring php-gd php-pdo php-xml --enablerepo=epel,remi,remi-php56

php-gdインストールできないエラーが発生する(php-pdoがないと言われる)場合、一旦php-gd以外をinstall後、php-gdだけinstallする。

6.phpmyadminインストール

yum install --enablerepo=remi-php55 phpMyAdmin

あとは、ローカルに落としておいた設定ファイルとか見て修正。